キャンペーンコードをお持ちのかたはこちら
ユーザ名:

パスワード:



このエントリーをはてなブックマークに追加  

1969年8月号〜1970年9月号「COM」(虫プロ商事)連載

生きることの意味、輪廻転生とは何かが真正面から描かれた長編作品。
隻眼隻腕の盗賊・我王は、命を助けられた高僧と旅を供にし、死病に苦しむ人々に触れることで、彫刻家としての才能を開花させる。一方、昔、若き日の我王に利き腕を傷つけられた仏師・茜丸は、精進の末リハビリに成功し、より名声を高めていた。それぞれの道を歩む二人は、やがてライバルとして因縁の再会を果たすことになる。

雑誌「COM」に連載された第5作。手塚治虫のライフワークである『火の鳥』の中でも、特に完成度の高い傑作です。

作品一覧へ戻る

火の鳥  鳳凰編  その拾

ブチは茜丸に連れ添うようになり、やがて2年が経つ。残り1年で火の鳥を彫り上げるのは不可能に近く、首を落とされる覚悟を決めた茜丸は、この世に最高の彫刻を残そうと、ブチの身体をモデルに観音像を彫り始める…。
500kbps
5分40秒

火の鳥  鳳凰編  その九

我王が作る泥人形を見て、強い才能を感じた良弁は、生涯この像を人々の為に作って渡すように諭す。その頃茜丸は、ひたすら火の鳥を探し歩いていた。やがて、火の鳥の居場所を知っているという少女・ブチと出会い・・・。
500kbps
5分40秒

火の鳥  鳳凰編  その八

世の矛盾を良弁から学び、自暴自棄になった我王は、病にとりつかれた村に辿り着く。そこで村人に供養を懇願された我王は、自分のやり場の無い気持ちをぶつけて、悪霊退散の神将を彫り始める・・・。
500kbps
5分40秒

火の鳥  鳳凰編  その七

ある寺で保管された筑紫国の故書に、鳳凰の記録が残っているのを見つけた茜丸は、筑紫国へ向かう決心をし、再び旅立つ。ところが、道中、かつて自分の右腕を切りつけた憎き我王に再会してしまう・・・。
500kbps
5分40秒

火の鳥  鳳凰編  その六

茜丸は橘諸兄から、不老不死の鳥・鳳凰の像を彫るように命じられる。ところが、3年で完成しなければ首を刎ねるという条件を付けられた茜丸は、未だ見ぬ鳳凰の手がかりを求め、歩き始める・・・。
500kbps
5分40秒

火の鳥  鳳凰編  その伍

数々の罪により囚われの身となった我王は、良弁僧正に助けられる。その代償に、僧正の供として行脚することになった我王は、やがて輪廻転生や因果応報の話に興味を持ち始める・・・。
500kbps
5分40秒

火の鳥  鳳凰編  その四

鼻の病に苦しむ我王を優しく介抱する妻・速魚。しかし、手下の賊の入れ知恵により、薬を毒物だと疑った我王は、無残にも速魚を切りつける。死ぬ寸前、速魚は今まで我王に連れ添ってきた理由を話し出す・・・。
500kbps
5分40秒

火の鳥  鳳凰編  その参

絶望の淵から這い上がろうと百日行に励む茜丸。慢心を捨て、精神的な成長を遂げたかに思えたが、更なる試練が待っていた。 その頃盗賊の首領となった我王は、残忍さを増し、都に悪名をとどろかせていた。
500kbps
5分40秒

火の鳥  鳳凰編  その弐

我王の手で傷を負わされ、彫刻師としての未来を絶たれた茜丸。 一方我王は、茜丸の妹と称する速魚を脅迫し、道連れに逃亡の旅を続ける。 自らの過ちを省みず、ただ生きることに執着する我王。その根底には・・・。
500kbps
5分40秒

火の鳥  鳳凰編  その壱

漁師の家に生まれた我王は、不慮の事故で片目、片腕、そして父親を失う。 村人から疎まれながら必死に生きる我王だが、自分に浴びせられた屈辱に怒りが爆発する。 人を殺め村を追われた我王に、彫刻師茜丸との運命的な出会いが待っていた。
500kbps
5分40秒
利用規約 -  プライバシーポリシー -  特定商取引法に基づく表記 -  動作環境 - ご覧の皆様へ - お問い合わせ
手塚治虫マガジン倶楽部 (C) Tezuka Productions. All Rights Reserved. Powered by SOBA Project, Inc.