キャンペーンコードをお持ちのかたはこちら
ユーザ名:

パスワード:





ご覧になりたいコミックのタイトルかエピソードの一部、もしくは全てを入力し、検索ボタンを押してください。
 を   から  

ご覧になりたいコミックのジャンルを選択し、検索ボタンを押してください。

ご覧になりたいコミックのタイトルの頭文字を選択してください。
/ / / / / / / / /

非会員の方でも無料でコミックの一部をお読みになることが出来ます。
チラ読み可能なコミックの一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加  

アドルフに告ぐ

第01巻

第1章
第2章
第3章
第4章
第5章
第6章
第二次大戦前夜、神戸在住のドイツの外交官カウフマンは、ヒットラーに関する極秘のはずの情報を記したメモを見て蒼白になった。それは彼の息子アドルフの親友、パン屋の息子のユダヤ人アドルフ・カミルが書いたものだった。
サンプルのチラ読み  

  読む  

アドルフに告ぐ

第02巻

第7章
第8章
第9章
第10章
第11章
第12章
第13章
第14章
協合通信記者峠草平はヒットラーの極秘文書を入手したため特高の圧力を受ける。ユダヤ人アドルフ・カミルとの友情故に家出さえしたアドルフ・カウフマンは、ドイツのエリート校アドルフ・ヒットラー・シューレに入学させられた。
読む  

アドルフに告ぐ

第03巻

第15章
第16章
第17章
第18章
第19章
第20章
アドルフ・カウフマンはユーゲント隊員としてユダヤ人を迫害する中で、ユダヤ娘エリザを恋し日本へ亡命させた。ユダヤ人アドルフの父カミルは渡欧先でナチスに捕らわれた後、息子の親友であるこのアドルフに射殺される。
読む  

アドルフに告ぐ

第04巻

第21章
第22章
第23章
第24章
第25章
第26章
第27章
神戸のユダヤ人アドルフ・カミルは、反ナチスの大物スパイ、ラムゼイを通じヒットラーの極秘文書を世界へ公表する計画を企てた。ゲシュタポ将校、ユダヤ人虐殺者となったアドルフ・カウフマンはその文書を奪いに日本へ渡る。
読む  

アドルフに告ぐ

第05巻

第28章
第29章
第30章
第31章
第32章
第33章
第34章
第35章
第36章
あとがきにかえて
二人のアドルフは神戸で再会した。だがエリザがカミルと婚約したことを知ったカウフマンは嫉妬に狂って彼女を強姦し、二人のアドルフは命懸けで決闘する。時は流れて1973年、パレスチナの地で二人は銃火を交える。
読む  

利用規約 -  プライバシーポリシー -  特定商取引法に基づく表記 -  動作環境 - ご覧の皆様へ - お問い合わせ
手塚治虫マガジン倶楽部 (C) Tezuka Productions. All Rights Reserved. Powered by SOBA Project, Inc.